ポン円週間シナリオ【2017/07/17〜】

スポンサーリンク

今週のシナリオチャートです。先週もレンジ内で終始し、あいかわらずレジスタンスラインを越えられていないです。それだけ重要なラインということかな?ただレンジ内といっても今までヒゲで弾き返されていたのが実体で食い込んできています。レジスタンスラインを抜けるかどうかは別にしてなんとしても前回高値(ゴール)までというブル派の思いがわかります。

週足チャート

先週と若干変わりました。現在③前回高値付近からの売りが入ったのが失敗に終わった状況です。①からの戻り売りが②で失敗に終わり安値を切り上げましたが、③で高値を更新できず再度安値を目指しました。その安値も②すら届かず③を目指して上がっています。

買い方からみるとすでに安値は更新しており、③前回高値を更新できれば上昇トレンドと判断できそうです。そして大きな陽線がでたので③を更新できる可能性は非常に高まってきていますが、あとは2度弾いているレジスタンスラインを突破できるか?非常に重要位置にあります。

売り方は一旦買い方の威力が落ちるのを待つ必要があります。レジスタンスラインで止まるのかどうか?が大きな鍵となりそうです。

日足チャート

 

黄色枠のレンジ内でモミモミしていますが今までヒゲで弾かれていたエリアに実体で入ってきています。なんとか黄色点線丸(高値B)までいきたいのでしょう。個人的には移動平均線あたりまで一度下がってきてから買いたかったのですが、そこまで下がらないくらい買い圧力が強い。

シナリオとしては大きな流れでは買い目線なので、高値Bを達成するか又は高値切り下げになるまでは下位足で買い場を探していきます。

特に高値Bまできたら要注意。利食い組と逆張りトレーダー組がいるのを忘れず、高値掴みにならないように注意したいです。また一瞬高値を抜いたようにみせる動きにも注意(ダマシのブレイク)。大きく抜けてサポートされたのを確かめてから追随したい。

売りは高値Bまで引きつけてからの逆張りならアリかな?と思っています。その場合でも短期や基準足での切り下げを確認してから入ろうと思っています。ラインにきたらバチンはやらない。

◎買い目線。高値B付近まできたら動きに要注意。
○買いの場合は、一旦高値B達成までは下位足で買い場を探していきます。高値B抜けてもサポートをしっかり確認してから、飛び乗りしない。
●売りの場合は高値Bを背にした逆張り、短期勝負。しっかりとしたホールドは4時間足が売り目線になってから。

でわ、今週もがんばっていきましょう。


このシナリオはあくまでぼくが自分自身に向けて書いた個人的見解です。なんら保証するものでもありません。売買は自己責任でよろしくお願いします。

スポンサーリンク