【2017/07/20and21 エントリーチャート】上位足が同じ方向だと安心感が違う

スポンサーリンク

7月20日と21日のエントリーチャートです。20日はボクにとっての上位足である4時間足がまだレンジ状態だったので、おっかなびっくりしながらのトレードでしたが、21日は4時間足も売り目線。上位足が味方についてくれるほど心強いことはありません。安心して売りのみで目線を固定できました。


20日の朝のシナリオ

20日の朝の描いたシナリオです。緑がロング、赤がショートするポイントです。この時点では上位の4時間足ではレンジ状態、1時間足では下降トレンドの状態でした。

21日の朝のシナリオ

21日の朝のシナリオです。前日までは4時間足はレンジ状態でしたがゾーンを下抜けしました。よって上位の4時間足も売り目線。そのためシナリオも買いは描かず売りのポイント3つを考えていました。

実際エントリーしたのは次の通りです。


1時間足チャート

1時間足です。オレンジ丸の3つがエントリしたポイントです。一つ目のポイントは20日のシナリオでいう③のポイントですね。残念ながら損切りとなりました。

二つ目は④のポイントです。実際エントリーできたのはポイントより大分下になってしまいましたが、ポイントはバチンと入るのではなくあくまでも値動きを確認する箇所。実際エントリーできるのは離れていても仕方ないケースもあります。(あんまり離れすぎたら見送りですけど)

三つ目は21日のシナリオの①を意識したエントリー。こちらも実際エントリーできたのはポイントから離れてしまいましたが自分で納得できるエントリーなので特に問題はないと思っています。

15分足チャート

15分足です。朝のシナリオに従ってまずは切り上げラインの下抜けを狙っていました。 ①の箇所で1時間足で下抜けを確認。その後、陽線がでて陰線で押し返したところ②でエントリー。これはあっけなく③損切りとなりました。

続いては④の箇所ですがこれもシナリオのポイント(戻り高値)です。指標がらみでなんとかポイント付近まで来ましたが大きく上髭をつけました。これだけでは戻り高値で弾かれたという根拠だけなので、もう少し様子を見ました。次の足で大きな陰線がでて陽線でなんとか上に上がろうとしましたが失敗に終わりました。それをみてようやく⑤でエントリー。損切りは④だと遠すぎるので白点線に設けました。利確目標はわかりやすい前日安値。そのまま下げていってくれました。

最後のエントリーした箇所は⑦になりますが、前日に長らく守られていたサポートゾーンを破られており(白枠上部付近)、今度はここをレジスタンスとした売りが第一のシナリオでした。

21日は朝から夜までブル派が抵抗し何度もゾーン内に戻そうと頑張っていました(白枠)。その最後のあがきが終わったのがゾーンを下抜けしてきた箇所。もう一度ゾーンに戻そうとして失敗に終わった⑦でエントリーしました。第1目標は前日安値でしたが勢いが強かったのでホールドしました。前日安値を抜けたあとのサポートがわからなかったので、キリ番(144.500)に指値を置きました。でもこれもあっさり抜けいったんでちょっともったいなかった。

 

 

スポンサーリンク