【2017/07/14 エントリーチャート】昔は飛び乗り、今は見送り

スポンサーリンク

7月14日(金)エントリーチャートです。夜、米国の弱い指標がらみで大きく下げた後に一気に上昇してきました。大きな流れでは上目線のなかでの逆行。反発(騙し)で終わる可能性は非常に高いだろうと思っていましたが案の定です。

昔の僕なら「もらったぜー」とかいいながら入っていたでしょうが、今は最低でも短期足が買い目線にならないと入らないように意識しているので(忘れちゃう時もあるけど)今回はスルーしました。

実際に入ったところは以下の通りです。

4時間足チャート

4時間足です。ダブルトップからのネックライン割れ、そして再度ネックラインを上抜いてきたので買い目線で臨んでいました。一度安値を割っているのでもう一回は下値を確かめてから上を目指すというのが朝の段階でのシナリオでした。

1時間足チャート

1時間足です。買い場を探す展開でしたが、想定では①〜③からのロング。①はレンジ抜けのレジサポ転換から入るイメージ。②はレンジ下限から、③は押し安値からのロング狙いでした。

実際にエントリーしたのはオレンジ矢印の箇所。全然離れてるやんという風に思われるかもですが、①狙いの波をもう少し小さくしたイメージですね。値動きが全てなのでしょうがないっす。

15分足

 

15分足です。大分わかりづらい…。朝からレンジを上抜けて押し目を待っていましたが、想定していたところまでは落ちて来ず、白枠の箇所でサポートされています。なのでココを損切りラインとして直近高値付近(147円)を狙ったエントリーを考えました。

切り下げラインを引いて、上抜きしてからロングです。1時間ぐらいで目標到達。その後達成感からか下がっていき短期の押し安値を下抜きしていきました。

後は再び短期足が買い目線になるのを待つばかりでしたが、そのまま指標の時間となり大きく下げてV字で戻ってきたという流れになります。買い目線に切り替わるのは画面右端の矢印の箇所です。そこからの押し目を待ってからとなると夜遅くですね。寝てました。

このV字獲れたら気持ちいいんでしょうけどね、まずは決めたポイント(ルール)で入れるようになってから。できるところから地道にコツコツがんばっていきます。

 

 

 

スポンサーリンク