【2017/07/06 エントリーチャート】自信があるエントリーで負けたのでしょうがなし

スポンサーリンク

7月6日(木)のエントリーチャートです。昨日7日(金)はノーエントリーでした。レンジを4時間足で抜けたので買いで待機していたのですが、落ちてきて上がらず。再びレンジに戻っています。

6日のエントリーでは状況的にレンジということで、基本はレンジ内を頂く作戦でした。下図は木曜朝のシナリオチャート(1時間足)です。

赤で反発すれば売り、緑で反発すれば買い。シンプルな戦術です。ただレンジだということで決済は粘らずサクッと頂く予定でした。

4時間足チャート

4時間足です。ピンク枠が木曜日の箇所です。押し安値は抜けていないので一応買い目線ですが高値も更新できておらず、レンジになるのでわ?と朝から想定していました。

1時間足チャート

1時間足です。オレンジ点線丸の間でレンジなるのでわ?と想定してシナリオを立てています。赤エリアから下に向けて売り、緑エリアから上に向けて買い。もし緑エリアを下に抜ければ戻り売りで入って行く予定でした。

実際にエントリしたのはオレンジ丸の2箇所。1個目は買いで、2個目は売りで入りました。

15分足

15分足です。緑の買いエリアから1時間足で抜けが確定しました。そのため①でエントリー。損切りは直近安値ちょい下。レンジなので無理せず②で利食い。これでも25pipsぐらいは獲れました。

次に見ていたのは③の売りエリアでの箇所。理想は一度このエリアに入り込んできて押し出されるイメージでしたが、エリアに入る前に何度も弾かれていました。そして15分足でも買いが否定された(ように見えた)値動き。迷いなく④でショートで入りました。

しかし、結果はダマシとなり損切り巻き込んで急上昇。ぼくと同じように狩られた人が多かったのでしょう。赤エリアから離れていましたが値動き的に自信があったのですが残念です。自信がある’エントリーでも必ず勝つとは限りません。5割よりちょい上ぐらいのイメージですがそのちょい上の優位性に賭けていくのみです。

その後はより大きなレンジとなり分かりにくくなっていきました。

 

 

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

FX歴4年の兼業トレーダー。ポン円を中心にトレードしています。 負けている要因を減らすためブログを公開中。詳しくは ここから