【2017/06/29ー30 エントリーチャート】入るならコッチでしょ!

スポンサーリンク

6月29日と30日のエントリーチャートです。1勝1敗でした。29日木曜日は買い場を探すのみでしたが、30日は状況により売りも考えていました。

4時間足チャート

 

4時間足です。上昇トレンドが続いているので基本的には買い目線。押し目を拾っていきたいところでしたが、なかなか落ちてきません。

1時間足チャート

1時間足です。木曜日の段階では単純に押し目買いだけを考えていたので、ゾーン1下限(もしくは更に下から)からの押し目買いと上限を突破してブレイクしてからのレジサポ転換からの買いを想定していました。

30日金曜日のゾーン2は、売り買いの両方のプランを考えていました。買いの場合はゾーン下限と青ライン2本(144.800-144.500)からの押し目買い、売りの場合はゾーン上限からの逆張りとゾーン下限を下抜けした場合の押し目候補までの戻り売りパターンです。

それぞれエントリーしたのは①と②の箇所です。

15分足

 

15分足です。木曜日のトレードした箇所ですが、午後にゾーン1を抜けてきました。勢いよく抜けていきましたが、売り圧力も強く大きな陰線で下げきました。ただし短期でも売り目線になっていないのでここは買い場を探すしかありません。①61.8%付近まで下げてきて止まりました。陰線も大きかったので戻り売りが入るだろうと思っていましたが②で失敗に終わったのを確認(陰線→陽線)して次の足でエントリー。決済は③の箇所です。前回高値付近は強い売り圧力が入っていたのでそこまで欲張らずの決済です。特に問題はないトレードです。

金曜日にトレードした箇所は④からになります。夕方にゾーン2の下限を1時間足で抜きました。そのためシナリオに従って押し目候補までを狙った戻り売り(長期に対しては逆張り)を仕掛けました。ゾーンを下抜きプルバックを待ってエントリー⑤。下限ラインで抑えられ上髭もつけたというのがエントリーの判断根拠です。しかし次の足⑥で瞬殺(*_*)

後から見るとになりますが、一段仕掛けが早かったかな?と思いました。損切りになった次の足を見るとサポレジラインでしっかりと陽線→陰線と抑えられ、次の足から狙えば損切りもはっきりしており、明確な目標(前回安値)との損益比率も悪くない。何度見直しても「入るのはコッチでしょー」と思ってしまいます。後者の場合でも負けもしくは建値撤退の可能性が高かったですが、より納得できるトレードはというとやはり後者。何やってんだかなー

その後は仕事があったのでぼくはエントリーできませんでした。バィーンと伸びて行く前に短期も戻り高値を越えて買い目線に変わっているので獲りにいきやすかったかもですね。って後からならなんとでも言えるところがいいところ。

 

 

スポンサーリンク