ポン円デイシナリオ【2018/01/08】

スポンサーリンク

こんにちわ。今週もよろしくです。何度も弾かれていたラインを抜けてきて次の節目の戦いになったので、しっかりとしたトレンドが出るとうれしいですね。


週足

たまには週足レベルも載せてみます(チェックは毎週しています)。すぐにどうこうレベルの話ではないですが、ものすごーく大きな動きを押さえておくことは必要だと思います。

ピンクの下降波とピンク点線波の上昇波が戦っているわけですが、現在はネックラインやフィボ38.2%の攻防が終わったあたり。

このまま上に行ったとしてもブレグジットの起点160円が意識されそうです。ピンク波の戻り売りの視点でみても、フィボ50%付近でもあるので抵抗は強そうですね。


日足

日足です。3度弾かれていたレジスタンスラインをようやく実体で抜けてきました。今度はこのレジスタンスラインがサポートラインになる可能性が高いと思います。サポートされるかどうか一度落ちてきて試して欲しいところですが…

下に抜けても移動平均線や半値あたりで支えられそうです。つまりは買いが長期的には有利ということ。


4時間足

安値も高値も切り上げているので上昇トレンド。この時間足では青点線波の押し目買いをしていくのが基本になるのかなと思います。(まだ落ちてきていないので仮の波です)

この時間軸でトレードしている人たちからすれば、移動平均線からも乖離しているので落ちてくるのを待っている状況というところだと思います。

押し目候補としては、黄色ライン(レジサポ転換)やキリ番(153円)・移動平均線からといろいろと考えられます。

落ちてこないとフォロースルーが入りづらいことを考えると、今の価格帯で買っていくよりは落ちてくるのを待つ方が安全策ですね。


1時間足

こちらも上昇トレンド。オレンジ点線丸が押し安値なので、この起点をサポートとして買っていくのが基本シナリオとなります。押し目候補は、緑帯や押し安値付近をイメージしています。

落ちてこずにもみ合いとなり上に抜けた場合は、レジサポ転換からを想定していますが、上位足の移動平均線からもローソク足が乖離していることを考えると無理せず値幅がある時だけと考えています。

また押し安値を下に抜けたとしても、上位足の押し目待ち勢が控えています。1時間足以下の目線が下になったとしても簡単に覆されそうなので自信がある時以外はやらないです。

◎今はシンプルに押し目買い
○買いの場合は、緑帯やオレンジ点線丸あたり。黄色ラインやキリ番も有効かと思います。
●売りの場合は、やめときます。

では今日もがんばっていきましょう。投資は自己責任でね。


怪しいタイトルの奇跡的な良書

トレードを始める方やトレードに悩んでいる方の道標となる本です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

FX歴5年の兼業トレーダー。ポン円を中心にトレードしています。 負けている要因を減らすためブログを公開中。詳しくは ここから