スポンサーリンク

こっちの方向に大きく動くぞと分かっていても、入れるところは限られるなと感じた週でした。この動き獲れていればなぁーいう感情が徐々に薄くなってきていると感じる今日この頃。どんな動きでもわかるとこだけを狙うのを心がけていきたいもんです。それ以外の動きは「どーぞ、どーぞ」


2月26日の朝のシナリオ

 

 

長期4時間足がレンジ、1時間足は朝一番に戻り高値を抜けて買い目線。そのため、基本は押し目買いでしたが上位がレンジなので無理は禁物の状況でした。上位の売りが勝った場合は、安値を抜けてからの戻りを待つ予定でした。

2月26日の実際のエントリー箇所

15分足です。基本は押し目買いなので戻りを待ちました。押し目候補としては、窓埋めあたりを見据えていましたが、それより深く押し込んできました。結局ラウンドナンバー近くでダブルボトムを短期でつけて安値を切り上げてきました。

エントリーしたのは①のネックライン抜けたところになります。1時間足買い目線のなか、短期でダブルボトムから切り下げライン上抜けした上でのネックライン抜けなので優位性はあると考えてのエントリー。

でも短期戻り売りも激しく②の損切りライン付近まで押し込まれて、負けも一時覚悟しました。その動きが騙しに終わったことで勝ちは確信できましたが…少しヒヤヒヤトレード

3月1日の朝のシナリオ

 

4時間足はレンジ抜けて強い売り。1時間足も当然強い下落。戻り売り狙いも勢いがありすぎるのが難点でした。戻すなりヨコヨコにならないと入れないなと考えていました。

3月1日の実際のエントリー箇所

 

15分足です。戻してきましたが、売りも強くヘロヘロしながら上がってきました。切り上げライン引いて待ち構えていましたが、引いている段階でイマイチ自信なし。

エントリーしたのは②の箇所ですが、ラウンドナンバーで騙しの高値①をつけて切り上げラインも下抜けた上でのハラミを抜けたという理由です。

悩みながらのエントリーとなったのは、下落の勢いと長さを考えるとハーモニー(調和)がとれていないということでした。戻り売りが入るにも早すぎるんでねぇ?と

そういうエントリーだったので、少し反発した③で決済しました。戻り売りを仕掛けようと焦りすぎた失敗トレード。

3月2日の朝のシナリオ

4時間足・1時間足ともに売り目線。当然戻り売り狙いで、候補は①〜③まで考えていました。

3月2日の実際のエントリー箇所

1度目のエントリーは1時間足シナリオ②の箇所。ダブルトップでの仕掛けで②で入りました。目標は直近安値でラウンドナンバーでもあるのでマグネット効果も期待できました。③でストレスなく決済。

次に入ったのは安値更新後のサポレジ転換から。大きな下落真っ最中なので、のんびり待っているといっちゃうなというところで、反発確認したら即エントリー。④で欲張らず決済。

完璧シナリオ通りだった珍しい展開。

 

怪しいタイトルの奇跡的な良書

トレードを始める方やトレードに悩んでいる方の道標となる本です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です