スポンサーリンク

2月6日と7日のエントリーチャートです。7日のシナリオは自分が描いていた方向とは真逆になってしまいました。とても恥ずかしい瞬間ですが、自分の環境認識不足なので仕方ないです。それも含めて勉強ですし、間違いを認めて入り直したので良しとしています。


2月6日朝のシナリオ

 

朝のシナリオです。前日夜にダウ暴落。シナリオ自体立てるのは難しい状況でしたが、下の流れが続きそうなのは想像に難くありませんでした。ただ移動平均線からの乖離も激しいため、あくまでもヨコヨコや戻しを待ってエントリーするつもりでした。戻らない場合は見送りも仕方ないかと思っていました。

2月6日の実際のエントリー箇所

15分足です。朝から強い下落。エイヤって入らないと難しい。このままノートレかもと頭をよぎるが、午後からしっかりと戻ってきた。エントリーしたのは2箇所で、いずれも切り上げライン下抜けからでした。明確なレジスタンスラインもまだ引けない状況でしたが、強い下落の流れを考えると戻りも早めに入るだろうと切り上げラインのみで入っても問題なかろうと思います。

①の箇所、切り上げラインとしては急角度。急過ぎると失敗する確率は高いですが、そこはあえてリスク承知で入りましたが瞬殺。

②は損切りを前回高値にすると遠すぎたので、直前の足高値上に置いてエントリー。こちらはうまくいって落ちていきました。決済は④で夜仕事があったためです。

余談ですが、もう一本切り上げラインひけます(すでにエントリーしていたので引いてませんが)。③の下あたり。こちらの方が損切りラインはっきりしていて、より簡単だったかもしれませんね。


2月7日朝のシナリオ

流れは下ながら1時間足で安値切り上げて高値を更新しようとしていると見て、4時間足の戻り売りまでを狙ったトレードを考えていました。

2月7日の実際のエントリー箇所

①は高値を更新するポイントなので、ここに指値をおいておきました。エントリーされて一瞬で25pipsぐらいの含み益でましたが、すぐに下落。②で損切りとなりました。見事ダマシに引っかかってしまいました。

次にエントリーしたのは④の足ですが、③で短期押し安値を破り戻ってきたところになります。戻ってきて天井を試してヒゲをつけたので入りやすかったです。決済は⑤の箇所

怪しいタイトルの奇跡的な良書

トレードを始める方やトレードに悩んでいる方の道標となる本です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です