スポンサーリンク

6月25日から29日までのエントリーチャートです。

最近チャート見る時間も減ってきました。昔みたいにガツガツしなくなったなと思うと同時に、おっさんみたいだなとも思う今日この頃。いや、実際おっさんだしな。


6月25日の環境

 

4時間足売り目線、1時間足も売り目線。そのため売り場を探していました。白点線矢印のような仕掛けをイメージしていました。

6月25日の実際のエントリー箇所


エントリーしたのは①の足。1時間足も朝方売り目線に変わり、落ちる可能性は非常に高かった。

もう少し戻して欲しかったところですが…②で決済したのは、仕事が立て込んできたのでチャートが見れなくなってきたから。微益撤収となりました。

6月27日の環境

 

 

ヨコヨコになって難しい環境。青線レンジを抜けるのを待つ感じでしたが、白線矢印の動きが出れば入ろうと考えていました。

6月27日の実際のエントリー箇所

白線矢印に近い動きとなったので、エントリーした。①のエントリーポイントはさして問題なく、直近安値で指値を置いていたので、②で決済されたらよっかったのですが微妙に届いてなかったみたいです。

そのあと発言系で一気に跳ねて損切りとなりました。で、またジワリと下げてきた😓

6月28日の環境

待ちわびていたレンジ抜け。難しく考えず付いていくだけ。オレンジ帯を背にショート仕掛けていくだけでした。

6月28日の実際のエントリー箇所

エントリーしたポイントは我ながらバッチリ。一気に第1目標まで行きました。

結局、夜仕事でチャート見れなくなるから②で利食いしましたが、もっと落ちるだろうとはイメージしていました。

144円に指値置いてもよかったかな?とも考えましたが、第1目標付近でもあったのでソコソコ満足。

ただ、夜からの反発は予想以上に早かった…

6月29日の環境

シナリオ作成段階では、4時間足売り目線・1時間足買い目線。そのため、4時間足戻り売り候補までを狙った押し目買い、または1時間足が再度売り目線になってからのショートを考えていました。

6月29日の実際のエントリー箇所

損益比率トントントレード。1時間足の移動平均線からも乖離していたので、ソッコー逃げました。

 

怪しいタイトルの奇跡的な良書

トレードを始める方やトレードに悩んでいる方の道標となる本です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です