スポンサーリンク

6月7日と8日のエントリーチャートです。水曜日までの上昇にはまったく乗れず、ノートレも覚悟した週でしたが、木曜からイメージしていた波がきました。


6月7日の朝のシナリオ

 

 

4時間売り目線、1時間足買い目線だったのでやりづらい環境でした。基本は緑帯まで引きつけての押し目買い。落ちてこない場合は買いは見送る予定だった。

売りは、ダブルトップや押し安値を下抜けしてからを考えていました。

6月7日の実際のエントリー箇所

午前中からたいした押し目もなく上昇。そのまま高値更新しました。この段階で、1時間足の押し安値が移動(赤ライン)したことに気づけるかどうか

その後、短期でダブルトップをつけて下落。①で1時間足押し安値を下抜けしたので、売りスタンバイ。短期ネックラインまで一度戻した後、ヒゲ・陰線が確認できたので②でエントリー。

③で決済しましたが、直近安値であったことや疲れていたのが理由です。

 


6月8日の朝のシナリオ

 

 

 

4時間足・1時間足ともに売り目線。ぼく的にはあまり買う理由がなかったのですが、先週金曜からの上昇波の押し目が入ってくるのは想像に難くない。

押し目候補までを狙ったショートシナリオでした。狙いは①白点線枠もみ合いからのブレイクアウト ②抜けてからの戻り売り ③短期上がってくるのを待ってから147円までのショートを考えていました。

6月8日の実際のエントリー箇所

ボルマン式ブレイクアウトであれば、白点線丸の箇所で挟まれるのをまってからになります。ぼくも狙っていたのですが、先に落ちていきました。

エントリーしたのは②の足が陰線になりだすタイミング。早い仕掛けに見えますが、ラウンドナンバー・移動平均線・サポレジ転換と弾かれる根拠が多かったので入りやすかったです。

決済は③。先週末から続く上昇波のフィボナッチ38.2%。意識されるかどうか微妙だったので、念のため利確しましたが、案外有効だった。多分、ちょっとした反発程度だと思うけど…

 

怪しいタイトルの奇跡的な良書

トレードを始める方やトレードに悩んでいる方の道標となる本です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です