【2018/05/21and24 エントリーチャート】1勝1敗62.3pipsでした

スポンサーリンク

5月21日と24日のエントリーチャートです。今週はほぼ売っていれば勝てた週ですが、それは後から見ればという話で、マイルールに従えば入れるケースはあんまりなかったです。

特に水曜日は大幅に下がりましたが、どんなに下位足にダウンしても僕的には入れるところはないぐらいでしたので見送って仕方ないかなと思いましたし、ここを獲りたいと思うようになってしまうと目先の値動きを追うトレーダーに逆戻りになってしまうかなと感じました。まー、ただの言い訳ですが…

大幅に値動きが出た時、HFT(高速売買)の威力だの、なんとかに嫌気だのって話がいつもでてくるけど、「だからなんやねん」といつも思います。値動きの後で理由説明されても、どうだっていいよ。ブツブツ


5月21日の朝のシナリオ

 

 

月曜の朝の段階では、4時間足上昇トレンド。1時間足は微妙なとこでしたが、上位足に従って買い場を探しました。狙いとしては切り下げライン上抜けから。ライン上抜けしてからの裏タッチでエントリーをイメージしていました。

日足では戻り売り狙う局面でしたので、150円付近ダブルトップを築けばショート仕掛けたいと思っていました。

5月21日の実際のエントリー箇所

ラインを上抜けしてきたので、①でエントリー。できればもっと大きく抜けて、ラインまで戻して欲しかったところですが。ラインタッチ後の動きが早くエントリー遅れました。

②を目標にエントリーしましたが、届かず(欧州勢参加前の値動きだったので嫌な予感はしていましたが)③で手動損切り。1本前の陽線が否定されたのを受けて。


5月24日の朝のシナリオ

前日に大きく下げてきました。勢いが強かったので、深い戻しは期待せず、オレンジ枠で待ち構えました。

5月24日の実際のエントリー箇所

朝の段階で、想定していた戻り売りポイントまできていたので、①あたりで本来は仕掛けたかった。①付近で、もみ合いもしくは下げてからの戻しを待っていましたが、そのまま下落。見送りました。

エントリーできたのは②のポイント。戻り売りゾーンまできてから反発。そしてもみ合いができて、買い方が力尽きるポイントです。①でこのイメージをしていんですけどね。

あとは落っこちるの眺めていくだけでした。キリ番③で決済

 

怪しいタイトルの奇跡的な良書

トレードを始める方やトレードに悩んでいる方の道標となる本です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です