【2017/10/11 エントリーチャート】リスク取りすぎかな?

スポンサーリンク

10月11日のエントリーチャートです。ちょっと損切りが深めだったのでどうかな?と思っていたトレードでしたが、なんとか目標に到達しました。でも自分の勝率考えると、リスク:リワード1:1はやっぱり厳しいなと感じたトレードでした。


10月11日朝のシナリオ

 

朝のシナリオ(1時間足)です。買いの場合はオレンジ点線波の押し目買いを考えていました。候補としては上抜けした場合のレジサポ転換や切り下げラインを引いて待ち構える予定でした。オレンジ帯を抜けない限りは買い場を探すシナリオでした。

10月11日の実際のエントリー箇所

15分足です。朝に上に抜けてきてレジサポ転換の用意をしますが、①の箇所では上値が確保できないので見送りました。

次に下がってきたところで引いた切り下げラインで待ち構えます。②で上がってきてタッチしたところは、損益も申し分ないのでエントリーの準備をしましたが結局ラインを抜けず下がって見送り。

その後オレンジゾーンまで下がってきますが、ゾーンを抜けない限りは買い目線は外せません。ダブルボトムの形になったところで再び買いの準備を始めます。

③の箇所で切り下げラインを上抜いてきました。ダブルボトム・切り下げライン上抜け・ネックライン上抜けで上にいく確率は高いと判断しました。切り下げラインを裏タッチしてから陽線に変わる④のタイミングでエントリー。損切りラインはダブルボトムの右端のちょい下に設定しました。

損切りラインは148円の下も考えましたが、何度も行き来しているのであまり重要視されていないのでは?と思い、少し深めですが該当の箇所に設定しました。

順調に伸びるかと思ったのですが、売りに押され損切りも覚悟した段階でようやく伸びっていってくれました。決済は緑ラインに指値をおいていたのが刺さりました。

損切りライン浅めにすると勝率は下がるし、深めにすると負けた時の傷が大きい…利確同様奥が深いですね。

 

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

FX歴4年の兼業トレーダー。ポン円を中心にトレードしています。 負けている要因を減らすためブログを公開中。詳しくは ここから