【2017/10/02 and 10/04 エントリーチャート】

スポンサーリンク

10月2日と4日のエントリーチャートです。先週はまっていた調整の動きになりましたが、うまくその波に乗れずじまいでした。ブレイクアウトを現在勉強中ですが、もっとうまくなりたいと感じた週でした。


10月2日の朝のシナリオ

 

1時間足チャートです。月曜日の朝の段階では白枠・白点線枠のレンジを形成していました。シナリオとしてはレンジ上下での逆張りとレンジを抜けてから次のレンジまでを狙ったシナリオを考えていました。

10月2日の実際のエントリー箇所

15分足チャートです。窓開けスタートとなり、151円を目指して上昇しましたが①ピンク枠内でレンジとなりました。そこでこのピンクレンジのブレイクを狙ったトレードに方針を変えて待ちました。ピンクレンジを下抜けして、もう一度ブル派が戻そうとしますが押し返された②でエントリー。決済は③白点線枠のレンジ下限ですが、勢いをみると早すぎた決済ですね。

もう一度エントリーしたのが④の足からですが、これは4時間足のレンジ下限からの反発を狙った逆張り。あっさりと押し返され⑤で損切りとなりました。逆張りもいろんな種類がありますが、僕の中ではせめて短期足だけでも買い目線にならないとお話にならない。そういう意味でもやっちゃいけないトレード。1回目の早い利確が心理に影響していたために焦ってしまったのだと思います。反省。


10月4日朝のシナリオ

1時間足チャートです。4時間足以下売り目線のため戻り売りを狙っていました。基本シナリオは白枠まで引きつけての戻り売りでした。

10月4日の実際のエントリー箇所

15分足です。オレンジ点線波の戻り売りを狙って、緑帯付近まで引きつけたかったのですが、上がってこずレンジとなりました。白点線でレンジを形成して、エントリーしたのは③の箇所です。

その前に何度かレンジ下限を下抜きを試して、ヒゲになったり抜けても戻ってきたりしていましたが、移動平均線から遠くて向きも横ばいだったので見送りました。

しかし、③の箇所は上への動きが失敗となりレンジ下限まで一気に落ちてました。移動平均線も下向いており、レンジ下限と移動平均線の間で価格が挟まってスクイーズされているように見えたのでエントリーしました。いいエントリーかなと思ったのですが思ったより陽線が大きく④で決済しました。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

FX歴4年の兼業トレーダー。ポン円を中心にトレードしています。 負けている要因を減らすためブログを公開中。詳しくは ここから