【2017/09/25 and 09/26 エントリーチャート】no title

スポンサーリンク

9月25日と26日のエントリーチャートです。タイトルと画像に意味はありません。豊富なネタもないし…無謀にも迷晴れさんのブログみたいなのを目指していたのに、やっぱり全然違うものが出来上がってしまったいう悲しい現実。


9月25日の実際のエントリー箇所

 

 

朝のシナリオはお休みしました。休んだ原因が朝からの強い上昇で、ブログを書いているうちにドンドン上がっていったのでポイントが間に合わなくなりました。

環境としては4時間足以上が買い目線、1時間足が売り目線でした。意識していたのは1時間足の戻り高値(赤ライン)。ここを抜ければ買いで入っていくつもりでしたが、②で一度止められました。押し目買いが入り再度戻り高値の突破を目指しますが、③でまた止まりました。

この③の段階でダブルトップになるケースを想定し、ネックラインを割ったら売っていこうと決めました。③付近でダブルトップになることを仮定し果敢に攻めるトレーダーもいますが、より安全策なのはやはり割ってから。④で割れたことを確認し、戻しを待ってから⑤でエントリーしました。

決済は⑥の箇所です。理由は単純に仕事があるからで、その後建値まで戻っているので結果オーライといったところだと思います。その後の急落は例のかりあげくん。

長期は買い目線ですが、基準足である1時間足が売り目線のなか短期足も売り目線になったところでエントリーしたトレードでした。


9月26日朝のシナリオ

1時間足チャートです。4時間足以上は買い目線ですが、1時間足は売り目線の状況。オレンジ丸印が戻り高値で、この下降波の戻り売りを狙うのが基本シナリオでした。ポイントとしては赤帯の箇所まで引きつけからのエントリー。

9月26日の実際のエントリー箇所

15分足です。2回エントリーしました。1回目は①の箇所。切り上げラインの下抜けからですが、ここのポイントはちょうどシナリオの赤帯の箇所(尺度が違うのでわかりにくいですが)

赤帯まで引きつけて戻ってきたのでラインを引いて待ち構えたトレードです。②で損切りを覚悟するぐらい戻ってきましたが、なんとか下がってくれて③で決済しました。

2回目は⑤の箇所ですが、前段階で強い買いが入ったけど④で騙し的な動きになったのを確認してからのエントリーです。ダマシとなった場合はブル派が慌てて逃げるのですんなり下げると思ったのですが、⑥でもみ合いとなりました。

目標⑦までなんとかたどり着きましたが予想以上に時間とストレスがかかったトレードとなりました。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

FX歴4年の兼業トレーダー。ポン円を中心にトレードしています。 負けている要因を減らすためブログを公開中。詳しくは ここから