【2017/07/18and19 エントリーチャート】反省だらけです

スポンサーリンク

7月18日と19日のエントリーチャートです。ぼくのエントリールールはかなりザックリしているのですが、それでもほとんどにおいてエントリーポイントが基準足(1時間足)で抜けた・守られたが判断材料にしています。でもそれが集中力を欠いていたり焦ったりしていると忘れたり、お留守になったりしてしまいます。今回はそんな反省トレードです。

18日の朝のシナリオ

18日朝の時点のシナリオです。緑矢印がロング、赤矢印がショートです。いずれもラインに近づいたら入るのではなく、しっかりと破られた・守られたというのを確認してエントリーしていくつもりでした。

1時間足チャート

1時間足です。白丸がエントリーしたポイント。一つ目は上のシナリオでいう④ですね。サポレジ転換ではいるイメージでした。1時間足で抜けてから入っていますが、次の足でレジされず抜き返されています。

二つ目は⑤です。同じくサポレジ転換のイメージですが、今度は1時間足で抜けていないのに次の足でエントリー。

三つ目も一つ目と同じような状況です。

15分足チャート

 

15分足です。①の箇所で1時間足実体で抜けたのを確認してエントリー準備に入ったのですが、その前の段階で何度も下抜けを試しておりビルドアップされていたので抜けたら大きく動くだろうと思っていました。

本来であればラインを抜けたらそこが短期もしくは1時間足で守られる必要があります。(サポレジ転換)しかし②では守られずそのまま抜いて上にいってしまいました。けどそれに気づかず③でエントリー。もみ合いを下抜けすれば大きく動くという意識が働いた結果だと思います。あえなく損切りとなりました。

続いては④の箇所ですが、こちらは今度は1時間足の実体がポイント抜けていません。けど、ぼくは⑤のところでエントリー。単純に指標後の大きな下げの勢いを逃したくないという焦りからですが、短期足ばっかり見ていて気付かなかったという初歩的ミス。プラスにはなりましたが

⑥は1回目のエントリーと似ています。ヨコヨコでレンジを築いてからの1時間足で下抜け。1本陽線がでて抑えられたのを確認してから入りましたが、そこまで伸びず損切りとなりました。次の1時間足でしっかり抑えられたもう少し伸びたであろうけど我慢ができなかった。

最近は「いいトレードだったなー」と思うことが少ないので集中していきたいです。

 

 

スポンサーリンク