【2017/06/01 エントリーチャート】ルール通りした場合と欲に負けた場合

スポンサーリンク

6月1日のトレードです。2回エントリーしました。1回目はしっかりと計画通りで決済しましたが、2回目はもう少し利を伸ばそうと欲をかいた結果、建値付近までもどされました。

4時間足チャート

 

今現在は買い目線になっていますが、昨日エントリーした段階ではまだ売り目線でした。なのでシナリオチャートで書いていた通り4時間足の戻り高値までを狙った買いで攻めました。

1時間足チャート

オレンジ丸印がエントリーした箇所です。昨日は4時間足の戻り高値付近で乱降下していましたが、売りと買いの目線が交錯するので仕方ありません。当初は戻り高値までをしっかり頂いて、抜けたら入り直す予定でした。

15分足

 

エントリーしたケースはいずれも同じような状況下です。4時間足売り目線、1時間足買い目線。その中で15分足で切り下げラインを上抜いた次の足でエントリー。目標は青ラインです。

どちらもすぐに目標ラインにいきました。このまま抜ける可能性がありますのでライン付近での動きを確認します。どちらも陰線で2回ほど弾かれていますが、1回目はほぼラインのところで止まっています。なので諦めて決済もルール通りとできました。しかし2回目はわかりにくいですが、一度大きく上にヒゲが伸びています。ぼくのなかではこれをみて「もう少し伸ばしたい」と判断してしまったのです。通常であれば赤矢印のシグナルで決済なのですが、「もっと伸びるはず」というバイアスがかかってしまった結果、ベア派の勢いに押され建値まで戻ってきました。

どちらもルール通りとやれば20ピッピぐらいは利益がだせましたが、ルール通りと欲にとらわれたのではこうも結果が違うというのがはっきりとわかる内容でした。まだまだです。

 

 

スポンサーリンク